地デジ からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

テレビ

地上デジタル

ちじょうでじたる

地上デジタル化のメリット・デメリット

メリット

  • 映像はMPEG-2 TSで圧縮されており、1125i(1080i)のハイビジョンで送信されているため、高精細な映像で視聴可能
  • 音声はMPEG-2 AACで圧縮されており、アナログ放送では1チャンネルモノラル、2チャンネルステレオ、1チャンネルモノラルでの多重音声放送が限界であったのに対し、ディジタル放送では2チャンネルステレオによる多重音声放送や5.1チャンネルサラウンド音声の送信も可能
  • 信号がディジタルであるため、必要な受信レベルが得れていれば電波障害による画質や音声の劣化はほぼ発生しない
  • 標準画質で最大3チャンネルのマルチ編成が可能。ハイビジョンでのマルチ編成は不可能。一方でスポーツ中継の延長を放映しながらもう一方のチャンネルでは本来放映する予定であった番組を放映するという編成が可能となる
    • ただし、民間放送ではハイビジョンで製作されたCMの放映が困難になるなどの理由からあまり利用はされていない
  • デジタル番組表で8日分の番組情報を見ることができる、番組表の更新頻度が高いため、スポーツ中継の延長などで番組放映時間の変更や番組そのものの中止が行われた場合でも録画機による追随が可能となる
  • テレビ番組の放映と同時にデータ放送の送信も可能、基本はその放送局が用意したデータの視聴が可能となっているが、一部の番組ではその番組に連動した情報の送信が行われている
  • チューナを電話回線やWebに接続することにより、双方向サービスが利用できる(リモコンで投票、クイズの回答・テレビショッピングなど。例:紅白歌合戦の投票)
  • 字幕放送機能が標準でチューナーに搭載されている
  • 携帯電話モバイル機器での視聴を前提とした放送が行われている(ワンセグ
  • 親局と中継局で同一の周波数を用いて放送を行うことが可能(SFN)、それにより電波の効率的な利用が可能となる。特に近畿広域圏で多く見られる

デメリット

  • 信号の変調/復号に時間がかかるため、それによる遅延が発生する
    • それにより、時報や定時スタートの番組が減少した
    • 緊急地震速報を行う場合、アナログ放送と比較して2秒ほど遅れることが分かっているが、現在改良が検討されている
  • UHF帯を利用するため、VHF帯の機器しか用意していない家庭では視聴することが困難、そのような場合、UHFアンテナの設置などの工事が必要となる
  • UHF帯とVHF帯の電波特性の違いにより、今まで良好に受信できていた場所であっても難視聴地域となる可能性がある、その他の無線や前述のSFNの影響により難視聴地域となる場所も存在する
  • 前述のメリットに記述したとおり十分な受信レベルが確保できれば高画質で受信できるものの、アナログのように十分な受信レベルが確保できない場合であってもノイズが乗りながらも視聴できるという状況にはならない
  • B-CASカードがなければ視聴できない
  • 一部の番組を除いて著作権に配慮することを目的としたコピー制限が行われており、ダビングや編集に対して制限を受ける
    • このコピー制限はARIB運用規定に準拠していないFriioやPT1/PT2といったチューナを用いることにより解除を行うことが可能

地上デジタル化される理由

電波の有効利用

携帯電話ブロードバンドサービスの普及により、使用可能な電波の周波に空きが無くなってきたことが背景。

テレビ放送をデジタルに統一することにより、現在主に使われているVHF帯・UHF帯の一部に空きを作り、電波周波数を有効活用するため。

アナログからデジタルへの時代の流れ

ビデオテープからDVD/HDDへ、デジタルメディアが主要になり、より時代にあったテレビ放送を行うため。

情報化の促進

子供からお年寄りまで幅広い層に身近なメディアであるテレビを、より便利に、情報収集できる環境を整えるため

地上デジタルテレビ放送開始スケジュール

2009年にはアナログテレビに取り付けてデジタル放送を視聴できる5,000円程度の「簡易チューナー」を発売した。なおビル陰や山間部など地域によってはケーブルテレビに加入しないと見られない場合があり、その場合、加入料・工事費などで6万円から10万円ほど必要な場合もある。

地上デジタルラジオ

全く注目されていないが、ラジオもデジタルが開始される。(アナログの停波予定はない)

2003年10月、東京などで試験放送を開始した。

アナログテレビと同じ2011年7月に試験放送終了、その後2013年に開始予定。