地震予知連絡会

一般

地震予知連絡会

じしんよちれんらくかい

1969年に発足した、地震予知計画に加わっている行政機関(気象庁国土地理院など)、大学などの専門家が最新の観測資料を検討する会議のこと。


事務局である国土地理院から委嘱された学識経験者と関係行政機関の職員30名で構成される。この組織は、松代群発地震(1965〜1969)の際に設置された「北信地域地殻活動情報連絡会」がモデルとなっている。年4回の定期会議と、必要に応じ随時連絡会を開催する。