スマートフォン用の表示で見る

地方公共団体情報システム機構法

社会

地方公共団体情報システム機構法

ちほうこうきょうだんたいじょうほうしすてむきこうほう

日本の法律

(平成二十五年五月三十一日法律第二十九号)

   第一章 総則

(目的)

第一条
地方公共団体情報システム機構は、地方公共団体が共同して運営する組織として、住民基本台帳法 (昭和四十二年法律第八十一号)、電子署名に係る地方公共団体の認証業務に関する法律 (平成十四年法律第百五十三号)及び行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律 (平成二十五年法律第二十七号)の規定による事務並びにその他の地方公共団体の情報システムに関する事務を地方公共団体に代わって行うとともに、地方公共団体に対してその情報システムに関する支援を行い、もって地方公共団体の行政事務の合理化及び住民の福祉の増進に寄与することを目的とする。

(法人格及び住所)

第二条
地方公共団体情報システム機構(以下「機構」という。)は、法人とする。

2  機構の住所は、その主たる事務所の所在地にあるものとする。

(数)

第三条
機構は、一を限り、設立されるものとする。


以下、略