地方住宅供給公社

一般

地方住宅供給公社

ちほうじゅうたくきょうきゅうこう

日本の地方公共団体が住宅の積立分譲等を目的として設立している特殊法人地方住宅供給公社法に基づき、勤労者に居住環境の良好な集団住宅及び宅地を供給する目的で設立されている。設立団体となれるのは、都道府県又は政令で指定する人口50万以上の市に限られている。また、設立には議会の議決と国土交通大臣の認可が必要となる。