智蘊

読書

智蘊

ちうん

生年不詳〜1448年6月13日

室町時代の中期の連歌師。俗名は蜷川親当足利義教の政所公役を務めたが、義教の死後出家した。連歌集の「親当句集」を出すほか、多くの連歌会に参加した。

一休宗純と交流があり、アニメ一休さん」の蜷川新右エ門のモデルとなっているが、実際は室町幕府出家後の晩年に交流があり、政所公役を務めていた時期には交流がなかった。