スマートフォン用の表示で見る

池永正明

スポーツ

池永正明

いけながまさあき

プロ野球西鉄ライオンズの選手。

右投右打、ポジションは投手背番号は20番。

1946年8月18日生まれ。山口県豊浦郡豊北町生まれ。茨城県土浦市育ち。

下関商業高校で1963年センバツで優勝。夏は準優勝。

1965年西鉄ライオンズに入団。

1年目より20勝を挙げ、新人王を獲得し、エースとして定着。

1970年、「黒い霧事件」で野球協約第355条の敗退行為をしたとして、

与田順欣益田昭雄と共に永久失格処分。


退団後は中洲でバー「ドーベル」を経営。

1980年代以降、西鉄ライオンズのOB、下関市を中心に、署名や処分解除の運動が広がって行った。


2001年、マスターズリーグ福岡ドンタクズの一員として入団。毎年12月下旬に登板している。


2005年4月25日、処分解除。


2006年、山口県の硬式野球クラブチーム「山口きららマウントG?」の監督に就任。