東急池上線 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

地理

池上線

いけがみせん

歴史

1922年10月6日、池上電気鉄道池上駅蒲田駅間を開業したのが始まりである。免許を受けたのは目黒〜大森の路線で、大森側から線路の敷設を行おうとした。しかし、大森付近で用地買収に難航したため、その支線として新たに免許を受けて開業させたのが池上〜蒲田間である。池上〜大森の免許は後に失効した。

その後、ようやく雪ヶ谷駅(後に調布大塚駅合併して雪ヶ谷大塚駅、現:雪が谷大塚駅)まで開業させた1923年5月、目黒蒲田電鉄(後の東横電気鉄道、現:東京急行電鉄)が、池上電気鉄道の計画と完全に並行する目蒲線蒲田目黒)を開業させてしまった。池上電気鉄道は計画を変更せざるを得なくなり、起点を五反田とした。

1928年6月17日に、五反田までの路線が全線開通した。五反田より先、白金品川方面へ延伸する計画もあり、五反田駅山手線を乗り越えるような形で作られた。

池上電気鉄道1934年10月1日に東横電気鉄道吸収合併され、池上線となった。

駅番号駅名読み
“えき”は略
接続路線
IK01五反田駅ごたんだJR山手線都営浅草線
IK02大崎広小路駅おおさきひろこうじ-
IK03戸越銀座駅とごしぎんざ-
IK04荏原中延駅えばらなかのぶ-
IK05旗の台駅はたのだい大井町線
IK06長原駅ながはら-
IK07洗足池駅せんぞくいけ-
IK08石川台駅いしかわだい-
IK09雪が谷大塚駅ゆきがやおおつか-
IK10御嶽山駅おんたけさん-
IK11久が原駅くがはら-
IK12千鳥町駅ちどりちょう-
IK13池上駅いけがみ-
IK14蓮沼駅はすぬま-
IK15蒲田駅かまた東急多摩川線、JR京浜東北線

列車

列車種別各駅停車のみで、18m車3両編成で運転される。

五反田から蒲田まで通して運転される列車のほか、平日のラッシュ時には五反田から車両基地のある雪が谷大塚までの列車も設定されている。また、蒲田で折り返して東急多摩川線に乗り入れる列車もある。


リスト::鉄道路線