池谷公二郎

スポーツ

池谷公二郎

いけがやこうじろう

プロ野球広島東洋カープの選手。

右投右打、ポジションは投手背番号は11番。


静岡県出身

金指造船、日本楽器を経て、1972年ドラフト1位で広島東洋カープに指名されたが、

1973年シーズン終了後に入団。

赤ヘル投手陣の一角として1976年には20勝を挙げて最多勝を獲得、沢村賞を受賞。

3度のセ・リーグ優勝と2度の日本一に貢献、黄金時代のエースとして活躍した。

一方で広島市民球場をホームグラウンドとしていたことから被本塁打も多く、1977年には48被本塁打を記録し、これはプロ野球記録となっている。

1985年古葉竹識監督の勇退ととも現役引退した。

1986年、広島東洋カープ投手コーチに就任。投手王国を作り上げ、1993年退団。

1999年、読売ジャイアンツ投手コーチに就任。2001年退団。

2004年、読売ジャイアンツ投手コーチに復帰。同年退団。

現在は日本テレビ広島テレビラジオ日本野球解説者の傍ら、

マスターズリーグ福岡ドンタクズの選手、モルツ球団の選手として活躍。