池田屋事件

社会

池田屋事件

いけだやじけん

幕末の事件の一。新撰組が謀議中の尊攘派志士を襲撃、多数を殺傷した。

この事件に憤激した長州藩は実力行使を決意、蛤御門の変へといたることになる。