スマートフォン用の表示で見る

池内ひろ美

一般

池内ひろ美

いけうちひろみ

1961年生まれの夫婦・家族問題に詳しい評論家。


2006年10月19日のブログで職業批判をしてブログ炎上した。

 評論家の池内ひろ美さんのブログが「炎上」している。トヨタ自動車期間工について書いた日記の中で、「彼らは『トヨタ』を漢字で書くことができるのだろうか」などと発言したことが、発端だ。現在では該当する日記は削除されているが、その前日に池内さんが書いた日記のコメント欄に批判のコメントが殺到している。


 問題となったのは、池内さんのブログ池内ひろ美の考察の日々」のなかの「期間工トヨタ)」と題された06年10月19日の日記。名古屋池内さんが「会社経営者」「医者」の友人と居酒屋に行き、そこで出会ったトヨタ自動車期間工期間従業員)とのやりとりが書かれている。それは次のような内容だ。

「彼らは、なぜ私たちに声をかけたのか。『お姉さんたちって、なんか儲かってそうじゃないですか。僕たちは今、飲みながら、いったい何をやったら儲かるのかって話してたところだったんで』へえ。そうですか。(中略)でもね、同じ居酒屋で隣り合って飲んでるわけだから、あなたたちが自らを卑下するほどには、私たちも豊かではないと思うよ。(彼らは『トヨタ』を漢字で書くことができるのだろうか、と、ふと思いつつ)」

「強く言葉を発したのは経営者の彼女である。『向上心がなくて勉強もせず、平日の早い時間から連日飲んでいる男の子なんて、うちでは絶対に雇わない。スタッフにはお願いして仕事をしてもらってんだから。お願いしたくなる子じゃないと雇わない!』そうだよね。彼らに年間300万円以上も払っているトヨタは偉い」

 といったもので、期間工に対する池内さんの発言が「職業差別」と捉える見方が大勢だ。

 また、離婚相談所「東京家族ラボ」を主宰。違法行為疑惑が取りだたされている。以下その論点。

■預金調査に伴う違法行為疑惑(弁護士でも無いのに調査する資格無し)&脱税疑惑

3.「離婚したほうがいいんじゃないかしら?そのためにも旦那の財産を調べなきゃ」

●預金調査

全調査費用 168,000円(消費税含む) ←消費税も納入してるんだよね?

http://www.ikeuchi.com/research/sample.php

正規の弁護士が相談者からの依頼を受けて預金調査を行う場合に関しては適法だが

弁護士でもないものが相談者から依頼を受けて行う場合

限りなく違法性が高い

どのような方法で預金調査を行っているのか?

仮に池内弁護士に頼んで預金調査を行った場合 池内の非弁活動と見なされ有罪

尚、上記「炎上」に関連し、脅迫と威力業務妨害の罪に問われた事件があった。

 冒頭陳述によると、東京都日野市の元会社員小林一美(45)は昨年12月20日未明、2Chに池内さんが名古屋で行う講座が「血の海になる」などと書き込み、講座を中止に追い込んだ。

 書き込みの威勢のよさに反し、検察側が明らかにした同容疑者の身上はお粗末な限りだった。

 茨城県鹿嶋市の実家から都内の私大に進み、卒業後はIT企業を転々。「身勝手な性格」のせいで仕事を5日でやめたこともあった。約10年前からインターネットにふけり、1999年から2Chに書き込むようになった。逮捕前日までの書き込みは1521回に及ぶという。

 結婚歴はなく、アパートに1人暮らし。2003年には自己破産し、40歳をすぎても年金生活の両親から毎月20万円を受け取って、借金返済や風俗店への支払いにあてていた。犯罪予告をした当時も無職で、検察側は脅迫の動機を「評論家として活躍する被害者への嫉妬(しっと)」と指摘した。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/crime/50177/