スマートフォン用の表示で見る

池乃めだか

アート

池乃めだか

いけのめだか

コメディアン。芸人。俳優。本名は中井昭彦。

1943年7月3日生まれ。大阪府出身。

吉本興業所属。

中学卒業後、三洋電機に就職するが、上司と折り合いがつかず退職。その後、縁あって、漫才界の重鎮・海原小浜と出会い芸の道へ。

1966年、コミックバンド「ビスボーイ」でデビュー。

2年後、海原小浜の息子である海原かけると漫才を結成。「海原めぐる」を名乗り「海原かける・めぐる」で漫才デビュー。喋くり漫才として人気を集める。

1977年海原かけるの芸人引退をきっかけにコンビは解散。再び漫才への道へ戻ることを願いながら、吉本新喜劇へと移籍。桂三枝の考案で、芸名を今の「池乃めだか」に改める。

吉本新喜劇では最初ゲスト出演であったが、間寛平との絡みで見せたネコのモノマネや、「ミクロマン」「ネクタイと同じ長さの身長」「小っちゃな頃から小さくて♪15で背丈が止まったよ」など、身長の低さを逆手にとった自虐的とも言えるギャグや、「カニバサミ」などの体を張ったギャグで爆笑を取り、1989年の「吉本新喜劇やめよっカナ?キャンペーン」では、次々とベテランが解雇されていく中で副座長として若手を引っ張り、吉本新喜劇復活の原動力となった。

現在では吉本新喜劇以外にも数多くの舞台に立ち、舞台俳優としての活躍も目覚しい。また、パントマイマーとしての評価も高い。

代表作

  • 映画
  • ドラマ
  • 舞台
      • 他多数