スマートフォン用の表示で見る

稚内市

地理

稚内市

わっかないし

北海道稚内市は、北海道宗谷総合振興局*1にある、日本最北端の市。

1949年市制施行*2

面積は760.89km²、人口は36,587人*3

稚内」は、アイヌ語の『ヤム・ワッカ・ナイ』(冷たい水の出る沢)に由来する。

日露戦争後の1905年に南樺太が日本の領土となり、1923年稚内樺太間に定期航路が開設されてからは、交通運輸の基地として発展するようになった。

本土としては最北端となる宗谷岬を擁し、現在では、水産を中心に酪農、観光の3つが主要産業となっている。

*1:所在地でもある

*2北海道では14番

*32014年9月30日現在