スマートフォン用の表示で見る

築港線

地理

築港線

ちっこうせん

名古屋鉄道(名鉄)の鉄道路線

大江駅東名古屋港間を結ぶ、1.5kmの路線。

東名古屋港駅付近の企業の通勤利用を前提としているため、朝夕しか列車が運行されていない。

終点の東名古屋港近くには、名古屋臨海鉄道の貨物線があり、新車甲種輸送はこの路線を経由して行われる。

かつては3700系などのHL車、3300系などのAL車が運用されていた。現在は5000系4両で運行され、ワンマン運転となっている。

現在も棒状のスタフ(通票)に取っ手が付いたものを使用しており、大江駅および東名古屋港駅で助役と運転士の通票授受が行われている。