竹の秋

一般

竹の秋

たけのあき

春の季語

竹類の葉は1年で生え変わるが、5月から6月に黄葉して落葉するため、その時期を竹の秋と言う。筍が大きくなった後なので、まるで子供を育てた親の竹が、疲れて枯れていくようにも見えるが、新芽に日光をあてるために古い葉を落としているのだと考えられる。黄葉している時にはすでにその葉の付け根からは新しい葉が針状に伸びていて、古い葉が落ちると同時に新しい葉が開き、同化作用を始める。したがって葉のない時期はない。