スマートフォン用の表示で見る

竹内浩三

読書

竹内浩三

たけうちこうぞう

竹内浩三

1921年(大正10年)5月12日、三重県宇治山田吹上町184番地に生まれる。父、竹内善兵衛。母よし(芳子)。映画監督を志すも、1942年(昭和17年)10月1日、三重県久居町の中部第38部隊に入営。1945年昭和20年)4月9日、比島バギオ北方1052高地にて戦死(23歳)。

入営中手帳に書きとめた「筑波日記」などに、戦時中とはおもえない、ひとりの青年のみずみずしい心情を記した。


【作品】

  • 詩:「ぼくもいくさに征くのだけれど」「骨のうたう」他
  • 日記:「筑波日記」

【著書】

戦死やあわれ (岩波現代文庫)

戦死やあわれ (岩波現代文庫)

 

竹内浩三作品集

竹内浩三作品集

竹内浩三楽書き詩集―まんがのよろづや

竹内浩三楽書き詩集―まんがのよろづや

 


竹内浩三の評論】

ぼくもいくさに征くのだけれど―竹内浩三の詩と死

ぼくもいくさに征くのだけれど―竹内浩三の詩と死

恋人の眼やひょんと消ゆるや―戦没の天才詩人・竹内浩三

恋人の眼やひょんと消ゆるや―戦没の天才詩人・竹内浩三