スマートフォン用の表示で見る

竹内洋

一般

竹内洋

たけうちよう

社会学者。専門は教育社会学・歴史社会学

1942年新潟県加茂村にて出生。1965年京都大学教育学部卒業、一旦保険会社に就職。1967年京都大学大学院教育学研究科入学、1973年博士課程単位取得退学。関西大学社会学部教授、京都大学教育学部助教授を経て、1993年京都大学教育学部教授。2005年3月京都大学教育学研究科を定年退官、現在関西大学文学部教授。

著書は『教養主義の没落 変わりゆくエリート文化』(中公新書)、『日本のメリトクラシー 構造と心性』(東京大学出版会)、『立身出世主義』(世界思想社)ほか多数。本人曰く「自分の著作はすべて好き」だが、その中でもとくにお気に入りなのは『大学という病 東大紛争と教授群像』(中央公論新社)だそうである。

近著はこれ

丸山眞男の時代―大学・知識人・ジャーナリズム (中公新書)

丸山眞男の時代―大学・知識人・ジャーナリズム (中公新書)

好きなタレントは田中好子。美味い蕎麦屋でざる蕎麦とひとり酒を楽しむのが至福の時であるようだ。