スマートフォン用の表示で見る

竹富町

地理

竹富町

たけとみちょう

沖縄県八重山郡竹富町は、沖縄県八重山郡地方公共団体

八重山諸島のうち、西表島竹富島小浜島黒島波照間島鳩間島新城島由布島有人島と周辺の無人島を領域とする。(石垣島与那国島尖閣諸島は含まない)。

面積は334.03km²、人口は4,217人*1

町役場は石垣島石垣市美崎町に置かれている。町内の各島への航路は基本的に石垣島を起点としており、各島間を相互に連絡する航路はほとんどないため、交通の利便性を考慮してのものである。

沿革

1908年4月1日、島嶼町村制により間切制が廃止になり、石垣間切・大浜間切・宮良間切が与那国島と合わせて八重山村となる。

1914年4月1日、八重山諸島一円としていた八重山村が分村、西表島竹富島小浜島黒島新城島鳩間島波照間島など石垣島周辺の離島が竹富村となり、村役場が竹富島におかれる。

1938年、村役場が石垣島石垣町に移転する。

1948年7月1日、町制施行し、竹富町となる。

2002年12月、石垣市与那国町との合併協議会を設置。

2005年3月28日、石垣市との合併議論について、町議会の2度にわたる反対議決により白紙となる。

*12014年10月31日現在