スマートフォン用の表示で見る

筑波批評

読書

筑波批評

つくばひひょう

筑波批評社」の発行する批評系同人誌

文学から社会、哲学まで幅広い批評を行う。

初刊は2003年。その後不定期に発行され、最近では春と秋の年二回の刊行が見込まれている。

筑波大学学園祭で配布された「2007秋号」、08年春の文学フリマで販売された「2008春号」はともに巻頭に座談会を掲載。

2007年秋号は「ケータイ小説文学の夢を見るか」、2008年春号は「『偶然性・アイロニー・連帯』を読む」。

最新号の「2008秋号」は、東浩紀氏主催のゼロアカ道場のイベントの一環として、08年秋の文学フリマで販売された。