スマートフォン用の表示で見る

茶屋四郎次郎

一般

茶屋四郎次郎

ちゃやしろうじろう

安土桃山時代から江戸時代にかけて活躍した豪商。本姓は「中島」。当主は代々「茶屋四郎次郎」を襲名する習わしである。初代と2代目、3代目が絶頂期だった。

初代は三河国より上京して京都で商売を始めた茶屋清延(1545年〜1596年)。2代目は清延の長男の茶屋清忠(?〜1603年)。3代目が清忠の弟の茶屋清次(1584年〜1622年)。