スマートフォン用の表示で見る

茶室

一般

茶室

ちゃしつ

茶の湯のために用意される建築。かつては数寄屋、茶寮、囲などとも呼ばれた。

周囲の茶の湯のための庭園、つまり露地を併せて、茶苑と呼ばれることもある。

客のための場、亭主のための場が用意され、成立している。

方丈(四畳半)の大きさを基準とし、原則として、それより小さいものを小座敷(小間)、広いものを広座敷(広間)と呼ぶ。四畳半は、使い方によって小座敷にも広座敷にもなりうるものとして、基本的な大きさとして扱われる。

その形は、桃山時代に現在みるようなものに整えられたのであるが、民家建築にみる素朴な手法、大壁の構造や屋根裏天井、潜り(躙口)、下地窓などが応用された独特の構成要素を備える。のちの日本の住居系建築に大きく影響を与えた。