スマートフォン用の表示で見る

茶道

アート

茶道

ちゃどう

茶の湯

室町時代後期、それまで貴族・将軍家・禅僧達の中で伝えられてきた「茶の湯」が、千利休の登場によって武家・町人へと広がり、「道」へと昇華された精神性を重視する様式。


一般的に茶道といえば抹茶だが、抹茶道?とは別に煎茶道というものも存在する。

代表的な流儀としては、表千家裏千家武者小路千家、藪内家、小堀家などがある。


関連語:茶道部