茶番

一般

茶番

ちゃばん
  1. 客のために茶の用意や給仕をする者。
  2. こっけいな即興寸劇。江戸歌舞伎の楽屋内で発生し、18世紀中ごろ一般に広まった。口上茶番と立ち茶番とがある。茶番狂言
  3. 底の見えすいた、下手な芝居。ばかげた振る舞い。茶番劇。
    • 例文:「当人は真剣でも傍(はた)から見ればとんだ―だ」