嫡子

一般

嫡子

ちゃくし
  1. 単に嫡出子の意で使われることがある。
  2. 近代までのことについても正妻の子の意味として使われることがある。
  3. もともとは家長相続人のこと。