スマートフォン用の表示で見る

中井紀夫

読書

中井紀夫

なかいのりお

1952年生まれ。SFファンタジー作家。80年代から90年代半ばまで、精力的に活躍したが、今はなかば、忘れられかかっている。

武蔵大学卒業。


1985年、ハヤカワ・SFコンテストで「竜の降りる夜」が参考作となり、デビュー。

短編集『山の上の交響楽』(1988年度星雲賞日本短編部門受賞)はボルヘスカルビーノや、南米マジック・リアリズムの影響を受けた奇妙な味の作風。


また、〈タルカス伝〉5部作は、「想像力の限界に挑んだ」ラブレー的な異世界ファンタジー。

発表当時、大森望から「オールタイム・ベスト級の傑作」と絶賛されたが、発表された時期が「SF冬の時代?」であったためか、いまだに読者の正当な評価を受けていない。

最近は執筆をしていないよう。