スマートフォン用の表示で見る

中井哲之

スポーツ

中井哲之

なかいてつゆき

高校野球指導者。広陵高等学校社会科教諭、同校硬式野球部監督。


1962年7月6日生まれ、広島県出身。

広陵高等学校1980年、春夏連続で甲子園に出場。ポジションは遊撃手、右投右打。

卒業後、大阪商業大学に進学。

1985年、母校広陵の商業科教諭になると共に、野球部のコーチに就任。

1990年、監督に昇格。


典型的な攻撃野球・先行型のチームカラーで、上下関係を緩和するなどの改革が功を奏し、1991年第63回選抜高等学校野球大会で監督として初めて甲子園に出場、同校を65年ぶり2回目の優勝に導いた。

以来甲子園には春9回、夏5回出場(2012年現在)。

2003年に第75回選抜高等学校野球大会で12年ぶり3回目の優勝を果たす。

この間2度の辞任・就任を経て2007年、監督に復帰。

同年、第89回全国高等学校野球選手権大会に出場。快進撃を見せ、チームを初の選手権準優勝に導く。


二岡智宏福原忍山崎賢太西村健太朗白濱裕太上本博紀佐竹健太稲田直人新井良太吉川光夫野村祐輔など、多くの選手をプロに送っている。