中咽頭癌

サイエンス

中咽頭癌

ちゅういんとうがん

咽頭(口をあけて見える奥の部分)に発生する悪性腫瘍のこと。

罹患者は男性のほうが多い。

原因

喫煙と飲酒がリスク要因とされている。

症状

初期には、食べ物を飲み込む時の違和感や軽い痛みなどがみられる。ほとんど症状が無い場合もある。

進行するとのどの痛みやしゃべりにくさがひどくなり、耐えがたいのどの痛み、出血、閉口障害(口を開けにくくなる)、呼吸困難など危険症状も発生する。

頸部リンパ節転移しやすい。

治療

放射線療法と化学療法による治療が中心となっている。初期のものだとこれだけで完治してしまうこともあるが、残ってしまった場合には外科療法で切除する。

(参考→癌の放射線療法癌の化学療法癌の外科療法



診療科耳鼻咽喉科