スマートフォン用の表示で見る

中薗英助

読書

中薗英助

なかぞのえいすけ

作家。

1920年、福岡県生まれ。旧制八女中学卒業後、旧満州を経て1938年、北京遊学。邦字紙『東亜新報』の記者をつとめつつ文学活動を開始。帰国後の1950年、『近代文学』に「烙印」を発表し、作家生活へ。

主な作品に『闇のカーニバル』(第34回日本推理作家協会賞)、『北京飯店旧館にて』(第44回読売文学賞)、『鳥居龍蔵伝』(第22回大仏次郎賞)など。

1996年、神奈川文化賞受賞。2002年4月9日、死去。