スマートフォン用の表示で見る

中央公論文芸賞

読書

中央公論文芸賞

ちゅうおうこうろんぶんげいしょう

中央公論新社が創業120周年を記念して2006年に創設した文学賞。副賞100万円。

2001年に創設された婦人公論文芸賞を発展させた形の賞で、第一線で活躍する中堅以上の作家のエンターテインメント作品を対象としている。

受賞作

第1回(2006年) 浅田次郎『お腹召しませ』 ISBN:4120037002

第2回(2007年) 角田光代『八日目の蝉』 ISBN:4120038165