中華民国総統

社会

中華民国総統

ちゅうかみんこくそうとう

中華民国総統とは、中華民国国家元首の名称。

元々、中華民国の国家元首は「中華民国大総統」と呼ばれていたが、その後は「中華民国国民政府主席」の名称を用い、中華民国憲法施行以降は現在の名称となっている。中国国民党政府南京から台湾台北に遷都してからは日本などでは「台湾総統」などと呼ばれるようになっている。また、台湾の中華民国政府の存在を認めない中華人民共和国は台湾の国家元首を「台湾領導人」と呼んでいる。