スマートフォン用の表示で見る

中間小説

読書

中間小説

ちゅうかんしょうせつ

日本という国では文学作品(主に小説)を純文学大衆小説、そして中間小説に分類したりするそうじゃ。(古老談)