中業島

地理

中業島

ちゅうぎょうとう

スプラトリー諸島南沙諸島長沙諸島)にある一島で、中華人民共和国が名付けた呼称。

(英: Thitu Island、ティツ島)、(フィリピン語:Pag-Asa、パグアーサ島)、(ベトナム語: đảo Thị Tứ/島詩思)。旧称三角島

スプラトリー諸島南沙諸島長沙諸島)において、太平島に次ぐ2番目の大きさの島である。三角おむすび形の平坦な島。面積は0.37 km2。

現在はフィリピン実効支配している。他に、中華人民共和国台湾及びベトナム領有権を主張している。2008年時点での人口は約300人(国軍将兵を除く)。島内には未舗装の1,400m滑走路をもつランクド飛行場がある。