スマートフォン用の表示で見る

中桐雅夫

読書

中桐雅夫

なかぎりまさお

1919年10月11日 - 1983年8月11日

詩人翻訳家福岡県生まれ。本名、白神 鉱一。

1939年、英作文と教練の出席時間不足により神戸高商で進級不可能となり、同校中退後、父の預金通帳を盗み出して金を下ろし、家出して上京。徴兵逃れで日本大学芸術学科に途中入学しそこを卒業。読売新聞の政治部記者として働く。詩誌『Le Bal』を主催し、田村隆一を知る*1。戦後、田村、鮎川信夫黒田三郎と『荒地』を設立。のちに『歴程』にも参加。ミステリーやSFを翻訳しつつ、英国モダニズム詩人、特にW・H・オーデンを翻訳、詩作を行った。

1980年、代表詩集『会社の人事』にて第18回藤村記念歴程賞受賞。

*1:以上は、田村隆一『若い荒地』を参照することによって成った。諸氏も願わくば参照せられたし、コレをば。