スマートフォン用の表示で見る

中原みすず

読書

中原みすず

なかはらみすず

小説家。本名・経歴等一切不明。唯一の著書『初恋』は、1968年東京都で起きた三億円強奪事件の実行犯が主人公になっているが、この主人公が著者と同姓同名で、フィクション小説ながら前書きや後書きが存在するなど自伝的な内容になっており、著者自身が事件の犯人と思わせる。ただし、1999年に出版された風間薫のノンフィクション小説『真犯人―「三億円事件」31年目の真実』には、『初恋』の主人公と思しき人物が登場しているものの、彼女が事件の実行犯ではないとの記述がある。映画化の際に主人公を演じた宮崎あおいは、著者と会話をして、著者が事件の犯人であることを確信したとインタビューで答えた。なお、『初恋』は2000年に文園社から出版された城真琴著『幻想の手記 褐色のブルース』に加筆・修正を加えて、2002年にリトルモアが出版したものである。ただし、『真犯人―「三億円事件」31年目の真実』によると、『幻想の手記 褐色のブルース』もまた、文園社から出版される前に坊城ミス著『記憶のカルテ 権力への挑戦〜そして完全犯罪は終わった』として自費出版されているようであるが、限定100部で発行されたとあり、その存在は確かではない。

初恋

初恋