中御門天皇

一般

中御門天皇

なかみかどてんのう

江戸時代中期の天皇。諱は慶仁(やすひと)。

即位後は初め父・東山上皇院政を行っていたがすぐに崩御してしまい、以降は祖父・霊元上皇院政が行われた。