スマートフォン用の表示で見る

中江藤樹

一般

中江藤樹

なかえとうじゅ

中江藤樹

1608−1648

慶長3年−慶安元年

近江国高島郡小川村に生れる。名は原、字は惟命、通称は与右衛門、父は吉次、祖父吉長は近江国高島城主加藤家の家臣で、藤樹の養父。加藤家の転封にともない九歳のとき祖父とともに米子に移り、さらに翌年主家の転封により伊予大洲に移る。一一歳で『大学』を読み、独学で朱子学を学び始める。1622(元和8)年祖父が没し一五歳のときに出仕して、郡奉行に任ぜられる。1634(寛永11)二七歳のとき母への孝養を名目に致仕を願うが許されず脱藩小川村に帰り、居宅の藤の大樹に因み藤樹と号し朱子学を講じる。三七歳のとき『王陽明全書』を読み、のち王陽明知行合一致良知説を唱道。日本の陽明学の祖。身分を越えて農民にも教化し近江聖人と呼ばれる。四一歳で死去。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~MARUYAMA/tokugawa/toju.htm