スマートフォン用の表示で見る

中国高速鉄道

一般

中国高速鉄道

ちゅうごくこうそくてつどう

中国では2007年より高速列車のサービスが導入されている。

現在(2012年3月時点)において、多数の開発が進められている。

2007年に中華人民共和国鉄道部が日本の川崎重工業から高速鉄道CRH2型を購入したことで、開発が加速。

しかし、多くの犠牲者を出している2011年7月23日に起きた衝突・脱線事故など数々の事故やトラブルを起こし続けたり、汚職事件なども多発したりと現状は多くの問題をはらんでいる。

中国大暴走 高速鉄道に乗ってわかった衝撃の事実

中国大暴走 高速鉄道に乗ってわかった衝撃の事実