ゴン中山 からのリダイレクト リダイレクト元を編集閉じる

スマートフォン用の表示で見る

スポーツ

中山雅史

なかやままさし

サッカー選手。JFLアスルクラロ沼津所属。ポジションはフォワード。ニックネームは「ゴン」または「ゴン中山*1

1967年9月23日生まれ。静岡県藤枝市(旧・志太郡岡部町)出身*2。血液型はO型。身長178cm、体重72kg。妻は女優の生田智子

1990年ヤマハ発動機サッカー部(後のジュビロ磐田)入り。1996年から2009年までジュビロ磐田チームキャプテンを務めた。

1998年FIFAワールドカップ・フランス大会の対ジャマイカ戦で、日本人選手として初のゴールを挙げた*3。同じく1998年にJリーグで4試合連続ハットトリックを達成。この記録はギネスブックにも掲載された。

ドーハの悲劇」と2度のワールドカップを経験した唯一の選手。2006年FIFAワールドカップ組み合わせ抽選会にアジア代表として参加。2002年より2007年まで、Jリーグ選手協会会長を務め、現在は会長職を藤田俊哉禅譲し名誉会長となっている。

2010年に年齢のこともありジュビロ磐田から戦力外通告を受け、スタッフとして残留を求められるも、現役にこだわりコンサドーレ札幌に移籍。

2012年12月、現役引退。しかし2015年アスルクラロ沼津に所属し、現役復帰を果たした。

*1:「オレたちひょうきん族」にてビートたけしが扮していたキャラクター「鬼瓦権造」に似ていたため、大学の先輩・鋤柄昌宏に命名された。

*2:実家はみかん農家

*3:ちなみにアシストしたのは呂比須ワグナー