スマートフォン用の表示で見る

中山鏡夫

読書

中山鏡夫

なかやまあきお

詩人翻訳家。(1897年12月-1952年3月21日)

兵庫県津名郡由良町生まれ。1923年早稲田大学文科卒。1935年帰郷、津名郡一の宮の女子能学校に勤務。46年三原高校に転じ、交通事故で死去。日夏耿之介に師事し、井伏鱒二とは同期の友人だった。「かがみお」とも。

著書

  • 『海は美し伽藍よりも 詩集』私家版 1931 洲本公論社 1972

翻訳