スマートフォン用の表示で見る

中山晋平

音楽

中山晋平

なかやましんぺい

1887年(明治20年)、長野県下高井郡日野村新野(現在の中野市新野)に生まれる。

作曲家


1912年東京音楽学校(現在の東京芸術大学音楽学部)本科(ピアノ科)卒業。

1914年島村抱月の依頼で芸術座第3回公演トルストイ『復活』の劇中歌

カチューシャの唄」(相馬御風・島村抱月作詞)を作曲。これが主演女優

松井須磨子の歌で評判になり、作曲家として名を知られるようになった。


昭和3年(1928年)から、ビクターの専属作家として活躍。昭和27年死去。

今日もなお、数多くの童謡が知られている。


代表作品


  • しゃぼん玉(大正9年
  • てるてる坊主(大正10年)
  • 黄金虫(大正12年)
  • 砂山(大正12年)
  • 兎のダンス(大正13年)
  • 証城寺の狸囃子(大正13年)
  • 雨降りお月さん(大正14年)
  • あの町この町(大正14年)
  • あめふり(大正14年)