中食

中食

なかしょく

「外食」と家庭で調理する「内食」の中間。

惣菜を購入したり、調理済み食品を用いて家庭内で食事を行うこと。

核家族化、個食化、家庭での料理の簡便化などから、また、外食ほど経費がかからないこともあり、年々市場規模を拡大してきています。平成15年には、推定で約6兆1千億円と、外食産業の4分の1の規模にまで達しています。*1