中臣神道

一般

中臣神道

なかとみしんとう

8世紀以降に日本の中臣家(藤原家)が提示した神道。「穢れ」と「祓い」の思想がある神道だったと推測されている。