スマートフォン用の表示で見る

中西太

スポーツ

中西太

なかにしふとし

プロ野球西鉄ライオンズの選手、監督。

通称「怪童」。

右投右打、ポジションは三塁手背番号は6番。

1933年4月1日生まれ。香川県出身。

高松一高から1952年西鉄ライオンズに入団。

最強と呼ばれた西鉄ライオンズの主軸を担った強打者。

大下弘稲尾和久豊田泰光らと共にチームを支え、黄金時代を形成。

バットスイングによる腱鞘炎で全盛期は短かったが、戦後野球界「最強打者」の一人として活躍。

1959年にはトリプルスリーを達成。

1961年、29歳で選手兼任監督となる。1963年、パ・リーグ優勝。

1969年、現役を引退。背番号6は永久欠番*1となる。

1970年、岳父である三原脩に招聘され、ヤクルトアトムズヘッドコーチに就任する。

1974年、三原脩と共に日本ハム・ファイターズに移り、監督に就任する。

1981年、阪神タイガースで監督を務めるも、成績が振るわなかった。


1985年近鉄バファローズヘッドコーチに就任。仰木彬監督と二人三脚でチームを作り上げ、リーグ優勝バファローズを強豪チームにのし上げた*2

1994年、千葉ロッテマリーンズヘッドコーチに就任。

同年8月、八木沢荘六監督の休養に伴い、シーズン終了まで代理監督を務める。

1995年、仰木彬に招聘されオリックス・ブルーウェーブヘッドコーチに就任。リーグ優勝日本一に導く。

1997年、病気の為に退団。

1999年、野球殿堂入り。


三冠王獲得できず

1953年本塁打王打点王を獲得。しかし、打率で岡本伊三美に?4厘差で敗れて2冠。

1955年首位打者本塁打王になったが、1打点差で打点王を逃し、2冠。

1956年本塁打王打点王となりながら、三原監督の配慮によって最終戦に出場せず、同僚の豊田泰光にわずか5毛差の.3246で2位でまたも2冠。

1957年には首位打者本塁打王になりながら打点で並んでいた葛城隆雄?が最終打席で本塁打し、2冠。

以上、4度にわたって三冠王を逃した。

*11973年西鉄ライオンズの身売りに伴い、失効。

*2:後に「自分は監督には向いていない。コーチのほうが適性がある」と述べている