中川清秀

社会

中川清秀

なかがわきよひで

戦国武将天文11年〜天正11年。

通称は瀬兵衛。当初は池田勝正に属し、のち、荒木村重の配下となる。

摂津茨木城主時代に荒木村重の謀反が起きると、当初は村重に従ったものの、信長に攻められると降り、そのまま村重包囲陣に加えられている。

本能寺の変後、羽柴勢に加わり山崎の合戦で活躍。

賤ヶ岳の合戦で、序盤の大岩山砦守備戦で奮闘するも戦死している。

なお、中川家自体は後に竹田藩(岡藩)藩主となり、明治維新を迎えている。