スマートフォン用の表示で見る

中選挙区

社会

中選挙区

ちゅうせんきょく

1994年の公職選挙法改正で廃止されるまで衆議院議員総選挙で採用されていた制度。大選挙区一種

戦後初の総選挙での「大選挙区」より狭い範囲だが小選挙区ではないことから中選挙区と言う。

3〜5名の議員を選出する。特例でこれ以外の人数の議員を選出する選挙区が存在した。

選挙費用がかかる欠点がある。

また、特に自民党や当時の社会党など大政党において、同一の政党から複数の候補を擁立する必要があり、それが党内の派閥対立を生むという欠点があった。特に自民党に存在する派閥については批判が多かった。