スマートフォン用の表示で見る

中曽根康弘

一般

中曽根康弘

なかそねやすひろ

総理大臣中曾根康弘とも表記される。

別名「大勲位」。

1918年群馬県生。東京帝国大学を卒業後、1947年衆議院議員初当選。以後、運輸大臣防衛庁長官、通商産業大臣を歴任。1982年内閣総理大臣に就任。

2003年に政界を引退。

息子に中曽根弘文参議院議員

統一教会との関係でも知られ、世界日報にしばしば登場する。