スマートフォン用の表示で見る

中村紘子

音楽

中村紘子

なかむらひろこ

中村紘子(本名:福田紘子)は、日本のピアニスト、作家。

1944年7月25日、 山梨県東山梨郡塩山町生まれ、東京都世田谷区で育つ。

夫は小説家庄司薫

略歴

3歳でピアノを始める。

桐朋学園音楽科の前身となった『子供の為の音楽教室第一回生として井口愛子に師事。

全日本音楽コンクールで小学生、中学生の部で優勝の後、慶應義塾中等部3年だった1959年、中学3年生で第28回音楽コンクールで1位特賞。

ジュリアード音楽院に日本人初の全額奨学金で留学、ロジーナ・レヴィーンに師事し、1965年に第7回ショパン国際ピアノコンクールで4位入賞、最年少者賞を受けるとともに、日本人初の入賞者となる。

文筆家としてもその才は発揮され、「チャイコフスキー・コンクール」で第20回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。ほかに「ピアニストという蛮族がいる」「アルゼンチンまでもぐりたい」「どこか古典派」などの著書がある。

2005年、エクソンモービル音楽賞受賞。

2008年、紫綬褒章受章。

2014年、腸閉塞の腹腔鏡手術を受けた際に、大腸がんが見つかったため、治療を続け、2015年3月に復帰。

2015年8月、大腸がん治療に専念するため、再び演奏活動を休止。

2016年の春から活動を再開するなど、復帰と休養を繰り返していたが、2016年7月26日、大腸がんのため死去。72歳没。