中村直三

読書

中村直三

なかむらなおぞう

(文政2年3月8日(1819年4月2日) - 明治15年(1882年)8月13日)

奈良県出身の老農(篤農家)・農業指導者。群馬県の船津伝次平、香川県奈良専二と並び、「明治の三老農」の一人として明治農法の確立に努めた。また、従来の農書とは別に、角力番付、一枚刷り、小冊子など、農民にわかりやすい形式を活用して、自らの農法を積極的に広めた。