中村芳中

一般

中村芳中

なかむらほうちゅう

 ?−1819  江戸時代後期の絵師大坂で活躍。尾形光琳に私淑し、その流派=琳派の流れのなかに位置づけられる。

 画風はユーモラスでおもわず微笑むようなものであり、むしろ琳派の始祖・俵屋宗達に較べられよう。

なお、俳諧も得意とした。