スマートフォン用の表示で見る

中田宏

社会

中田宏

なかだひろし

経歴

1964年9月20日、神奈川県横浜市生まれる。青山学院大学経済学部を卒業後、松下政経塾に入塾。卒塾後は日本新党の結成に参加し、1993年総選挙で同党から出馬初当選を果たした。以後新進党無所属の会を渡り歩きながら衆議院議員を3期9年務め、2002年に横浜市長へと転じた。

横浜市長としては民営化の推進や市職員・市バス路線の削減などに取り組みつつ、自由主義史観論者を教育委員長に任命することで「新しい歴史教科書をつくる会」が出版する歴史教科書導入の先鞭をつけるなど、新保守主義的な政策を推し進めた。だが2期目に入ると相次ぐスキャンダル*1に加え、自身が推進した開国博の大幅赤字が避けられない情勢となったことで市政への批判が高まり、2009年8月には市長辞職に追い込まれている。

翌2010年4月に右派系地方首長・地方議員らを糾合して日本創新党を結成。自身は代表幹事に就任したが、直後の参院選で惨敗を喫すると以後も浮上することはなく、2012年9月に解党して日本維新の会に合流することになった。

同年12月の総選挙日本維新の会から比例北陸信越ブロック落下傘候補として出馬、当選を果たして10年ぶりに国政に復帰した。2014年の党分裂に際しては、石原慎太郎ら党内右派グループが結成した次世代の党に参加。同年12月の総選挙では神奈川18区川崎市)から出馬したが、落選に終わった。翌年2月に次世代の党を離党。

次世代の党に所属していた議員の中では珍しく右派系ネットユーザー(いわゆる「ネット右翼」)からの受けが悪く、ネット右翼から在日認定デマを流され、戸籍謄本をアップして反論する一幕も見られた*2

余談ではあるが、「ながだしちょう」として市長に初当選したときはネットで騒がれた。

*1:ただしそのいくつかは裏付けが不十分であるとして、裁判報道側が中田に対する損害賠償を命じられている。

*2 衆議院選挙六日目「伝わると信じて」|中田宏公式WEBサイト