中島治康

スポーツ

中島治康

なかじまはるやす

プロ野球選手・監督。通称「班長」。

右投右打、ポジションは外野手背番号は3→30番。

1910年6月28日生まれ。長野県出身。

松本商業*11928年甲子園優勝。

早稲田大学、藤倉電線を経て1934年、全日本に参加。

1936年東京巨人軍創立と同時に入団。強打の3番打者となる。

1938年秋、日本プロ野球史上初の三冠王を達成する。

首位打者2回、本塁打王2回、打点王4回と主砲として活躍。

沢村栄治白石勝巳水原茂らと共に、第1期黄金時代に貢献。


1943年選手兼任監督に就任。1944年、応召。

1946年読売ジャイアンツ監督兼任も途中で辞任、藤本英雄を後任監督に置き、選手専任となる。

1950年大洋ホエールズ創立と同時に移籍。

1951年、監督を兼任した。同年、現役引退


1963年、野球殿堂入り。


1987年4月21日、逝去。

*1:現在の松商学園高校。